http://xn--f9jvan7dp37cva4240eb6vdc9sa0sf9n2a.com/最近スーパーなどで「なたまめ」をよく見かけます。
「なたまめ」は、マメ科の多年草ですが、日本など温帯地域では気候の影響で多年草ではなく一年生になります。

そもそも「なたまめ」は熱帯アジアが原産で、日本に入ってきたのは江戸初期と伝えられています。

豆のサヤは肉厚で、長さは25㎝前後、幅は5㎝と大きめ、若いサヤは野菜として調理されます。
若サヤはスライスして福神漬けや粕漬けで食べることができ、花は酢漬けにして赤色や緑色に染めて料理のつまにすることが多いようです。

春に種子をまいて、秋に収穫します。
「なたまめ」からはコーヒーやなたまめ茶もでき、特に、なたまめ茶は、食物繊維やサポニン、タンパク質、ビタミンなど栄養素が豊富に含まれています。

また、「なたまめ」は歯磨き粉の原料としても知られており、口臭予防に効果をもたらします。

なたまめ茶を飲むことによって、口臭予防はもちろんのこと、蓄膿症やむくみ、ダイエット効果、花粉症対策にも効果があるといわれています。

中国では、薬膳料理の食材として古くから用いられています。
なたまめ茶は、身体の代謝を活性化しデトックス効果も期待できるようです。

なたまめ茶についての詳しいことは、▲http://なたまめ茶の効能マメ知識.com/